最近の発見

a0077894_1538888.jpg
枝葉の間からさしこむ光りは、写真をディスプレイしてあるケースにあたって向きを変える。窓ガラスにあたる光が印象的な山頭火の歩いた道(1991)と題されたこの写真に、ちょうどユラユラあたるのはきっと偶然。
a0077894_15502421.jpg

[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-27 15:52 | 旧・poturi | Comments(0)

探してるものは

a0077894_16172876.jpg
窓からの風が気持ちよくて外へ出ました。自転車に乗った空手着姿の男の子2人。
「どこかにいい秘密基地知らない?」 どんな“秘密基地”がいいのか聞くと、
「無くならない水があって、大きな木があるところがいい!」板を並べてカヌーを作りたいらしい、思わず見渡してみたけれどあいにく“いい秘密基地”は見つからず。見つけたら教える約束をしてバイバイ。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-25 17:16 | 風景 | Comments(0)

もひとつお知らせ

a0077894_1454687.jpg

“体にやさしい心にやさしい そして暮らしにもやさしいもの集めました” 〜手づくり市〜
「小さなピカソの小さな絵展」の時、声をかけてもらったイベントです。木・布・ワイヤーなどの作品販売にカフェスペースまで。子ども達の絵や工作教室、poturiで作品展をしてくれたタケオナナミさん、なまけもの工房さんも参加されます♪ぜひ遊びに来てください、、、、って実はカエルの音楽会と同じ日なんですね。秋は心迷うこと多し。

“手づくり市”10月29日(日) 10:00~16:00
場所:霧島市 国分敷根公民館
主催:キリシマ・ハックルベリーフレンズ
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-23 23:50 | お知らせ | Comments(4)

お外で音楽会

第4回 吹上カエルの音楽会
a0077894_2212998.jpg

松林が広がる場所で野外音楽会のお知らせ。今迄は夜にしていましたが今年は日曜日のお昼、松林の中の舞台を“子ども美術教室「ピカソ」”の絵がぐるっと取り囲んでの音楽会。きっといいお天気のはず、どこに行こうかなぁ〜と思ったらお出かけしてみてください。

10月29日(日)
場所 国民宿舎 吹上砂丘荘松林ステージ
時間 10時〜野外絵画展
   13時〜演奏会「ゆかいな7人の音楽家たち!」 木管・金管アンサンブルetc (入場無料)

松林を通り抜ける風が心地いい場所なんです。
a0077894_2242187.jpg

a0077894_22193270.jpg

------------------------------------------------------ 2005年の音楽会より『VISION QUESTA』
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-19 23:02 | お知らせ | Comments(0)

秋の角度

a0077894_2125175.jpg

気がつくと、だいぶ太陽が低く差し込むようになってきました。時計を見ずに夕方5時をあてるのが最近の流行だったり、忘れたり。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-16 21:45 | 旧・poturi | Comments(4)

デジタルとアナログ

a0077894_20591776.jpg
a0077894_20595453.jpg
写真展のようす。約20年前のモノクロ写真の中には、こんなモノも並んでいます。「これはいったい何だろう?」と不思議に思う方が多いので、ちょっとだけ。これは今回の「記憶の断片〜キオクノカケラ」から“記憶”→memory→“メモリー”ということでパソコンの情報を記憶しておく場所、メモリーが写真と並んでいるんです。そう、児玉さんの言葉遊びなのでした、、、、。もちろん駄洒落だけではないです、記憶を辿る時間をすごして下さい。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-15 21:41 | 旧・poturi | Comments(0)

夕方5時の秋

a0077894_1583427.jpg

a0077894_1594049.jpg

10月ってこんなに毎日いいお天気だったかなぁと思いながら、ふと去年のカレンダーを引っぱり出すと25日に暖房を入れたとメモ書き発見。ホントだろうか、、、西日に負けて今日もクーラー日。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-12 18:07 | 風景 | Comments(2)

無計画の旅の末

a0077894_0165590.jpg

鹿児島にいながら乗ったことがなかった「はやとの風」に乗る。とりあえず乗って、あとはのんびり考えようと思ってたら特急だけあって窓から見える景色もあっという間に通り過ぎていく。木造の無人駅“嘉例川駅”でお弁当を買い、さぁ次はどうしようかなと思ってる時間もなく列車は走り出す。ゆっくりできているようで、わりと忙しい。
a0077894_0413519.jpg
それもこれもあえて無計画で乗ったせいなんだけど、結局この嘉例川駅から歩いてみることにしました。歩く、歩く、歩く。
a0077894_0514815.jpg
ヘトヘトになりながら50分歩いてやっと見つけた200円の温泉。
a0077894_054557.jpg
列車の旅はいつの間にかバスの旅になってしまったけど、知らない道をひたすら歩く、たまにはおすすめ。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-10 23:02 | おでかけ | Comments(2)

にょきにょき

a0077894_23533979.jpg

いつもは静かなこの辺りも、稲刈り機の音でにぎやかになる今日この頃。黄金色の稲の中には赤い色が似合うなぁと思いながら、あっという間に刈り取られていく稲を見ていると勝手に寂しくなるのです。でも店の前の田んぼは、刈り取った稲を天日に干す「掛け干し」をしているのでこの風景もいい。ここへ来てから3度目のこの風景、少しずつお米作りの知識を聞きながら気づいた事、刈り取って1週間もたたないうちに緑の葉が伸びてくるということ。
[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-06 23:43 | 風景 | Comments(0)

 キオクノカケラ

10月 児玉龍郎さん
a0077894_21361819.jpg
写真家 児玉龍郎さんの作品展「記憶の断片」が今日から始まりました。写真は児玉さんが1981年から10年間撮り続けた白黒の写真と、2000年から2006年にかけて写した日常の風景。
a0077894_21502669.jpg
今回はぐるっと壁も使って作品を見る事ができるのですが、今日さっそく嬉しい出来事がありました。「これは坊津の写真では?」と言って写メを撮るお客さん。1981年、坊津町での写真には「長浜鮮魚店」の文字が書かれた1軒のお店。その2階からのぞく小さな男の子が同級生かもしれない!とびっくりした様子。記憶をさかのぼりながら、立ち止まった時間。忘れそうになっていた思い出を追懐する時間、ゆっくり楽しんでください。
a0077894_22194537.jpg

[PR]
# by poturi2004 | 2006-10-02 22:22